田川市

田川市

音と芸術とあなたの起業

どんな人材を求めているか

田川市では、廃校となった小学校を創業支援・音楽・芸術の拠点として整備し、板張りの床に優しく降り注ぐ日差しはそのままに、ここは創業を目指す人、音や映像を創る人、またそれを求める人が集う場所「いいかねPalette」として生まれ変わりました。ずばり夢を形にしたい方、クリエーターの方、刺激を求める方、今と違う環境に身をおきたい方、感性あふれる方・・・。自分にぴったりの環境をさがしている方、お待ちしています。

環境について

「月が出た出た月が出た」で全国的にもおなじみの「炭坑節」は、田川市が発祥の地です。また、田川市ゆかりの炭坑絵師である山本作兵衛翁の炭坑記録画などが、日本で初めてユネスコ世界記憶遺産に登録されました。このように田川市には古くから人のココロに共鳴する音や芸術が息づいています。
また、福岡県5大祭りの一つである「川渡り神幸祭」、国の重要無形民俗文化財として選定された「春日神社岩戸神楽」など歴史と文化と囃子リズムが市民の心に刻まれています。
さらに、炭鉱で働く人が多かったため、甘党が多いせいかパティスリーも多く、競争率も高いためハイレベルなお店が勢ぞろいです。

資源・技術について

日本近代産業発展の原動力となった「石炭」の産出地であった筑豊炭田は、明治中期より日本有数の石炭産地としてクローズアップされ、筑豊炭田の中心地であった田川市には仕事を求めて全国から移住者が訪れ、活気を呈していました。 今では、日本の中心となるような基幹産業はありませんが、ここには山、川、空気、風、木、土、光・・・自然にあるものが、あたりまえに備わっています。ここには、そんな自然とこの土地が持つ独特の文化とあなたが共鳴できる環境があります。
この土地の自然と文化に共鳴して音楽的才能を開花させた芸術家は少なくありません。

創業サポートについて

こんなサポートをします!

田川市は、日本全国と東南アジアを中心に活躍する士業共同体(ASPO)と事業提携を結んでいます。また、今年度より創業支援の拠点となる福岡スタートアップライブラリーがいいかねPalette内に設立され、田川市での創業はもちろん、経営相談、事業拡大、販路拡大、海外進出など第一線で活躍する皆さんがあなたをバックアップします。

こんな起業家コミュニティがあります!

いいかねPaletteには音楽産業、観光産業で起業している株式会社BOOKが常駐しています。さらに、ここにはコワーキングスペースが整備されており、自ずと起業家コミュニティが形成されます。また、田川ふるさとテレワーク&コワーキングスペースおしごとテラスkateteでは「福岡県よろず支援拠点」による無料の経営・創業相談を開催しており、コーディネーターや起業家とのコミュニケーションがとりやすい環境が整っています。

田川市 建設経済部 産業振興課 新産業創出係 岡崎主事からのメッセージ

田川市は創業を目指す方により良い環境が整っており、田川市が全力フォローします!
「こんなことがしたい!」という夢のある方から「アイデアはあるけど何から始めればいいか分からない」という方まで、ぜひ田川市でそれを一緒に形にしてみましょう。

お問い合わせ先

田川市建設経済部 産業振興課 新産業創出係
電話:0947-44-2000(代表)内線302、303
0947-85-7144(直通)
メールアドレス:koyoutaisaku★lg.city.tagawa.fukuoka.jp
※上記の「★」記号を「@」記号に置き換えて下さい。

市町村賞について

田川市賞のテーマは
目や耳に残る強烈な田川市アピール創業ビジネスプラン

副賞

田川市が今推したいものベスト3詰め合わせ
・チロルチョコ大容量パック1袋(チョコの味はお楽しみ)
・たがわの塩辛「食べちゃらん?」
・筑豊・田川の生姜で作ったちょっと高いけど日本一(だと作ったおばちゃん達は真顔で言ってる)ごはんに合うしょうがの佃煮

創業支援プログラム資料

田川市の情報

田川市

たがわネット

ページトップ