鞍手郡小竹町

鞍手郡小竹町

昔から「おもてなし」の心を持った
町民性で、人にやさしい町なんです

どんな人材を求めているか

飯塚市・直方市・宮若市の3市に囲まれた小竹町では、人口減少と少子高齢化の進行が著しく、このままの状況では、町の存続の危機に陥ってしまいます。この状況から脱却するには、まずは魅力ある、個性あるまちづくりや地域づくりに取り組み、住民が郷土愛を育み、町や地域に対して自信と誇りを持つことが大切だと考えます。そんな小竹町で、小竹町愛好者となってくださる方をお待ちしています。小竹町へ来てくれんね!!

環境について

大きな声では言えませんが・・・小竹町は現在、次のような課題を抱えています。
人口減少と少子高齢化が著しい
小竹町では、毎年110人ずつ人口が減少しています。高齢化率は37%を超えており、県内における消滅可能性都市の第3位となっています。。
町の顔らしき拠点がない
小竹駅には鉄道の駅が3駅ありますが、町の顔らしきところが見当たりません。町の中心にあり、町の名前が付くJR小竹駅では、駅の正面に商店や住宅はなく、農地が広がり、どこに町の中心があるのか、初めて小竹町を訪れた人は一瞬戸惑ってしまいます。 
ゴルフ客以外はほとんど入込客はみられない
観光入込客のほとんどはゴルフ客で、それ以外の観光目的の来訪者は、ほとんどみられません。
商店街はなく、飲食店も少ない
商店街がなく、飲食店はわずか数軒程度です。これでは折角町外から人が訪れても満足して帰ってもらえません。
町の知名度が低い
県内における小竹町の認知度は低く、町の位置を伝えるのに、飯塚市、直方市などの周辺市を言わなければなりません。県外になると、小竹町を知っている人はわずかで、町の知名度を高めることが課題の1つです。

資源・技術について

(1)小竹町では、地元農家で構成される農事組合法人南良津獅子クラブが、黒大豆『クロダマル』の生産に取り組んでいます。『クロダマル』は、九州を主とした暖地向けに育成された大粒黒大豆品種で、表面に光沢があり、アントシアニンなどの量が多く、抗酸化作用が高いのが特徴です。
黒大豆の黒という色が、かつての炭鉱の町として栄えた石炭の色を連想させることや、豆腐やきな粉をはじめとしたさまざまな加工品に用いることができることから、この『クロダマル』の加工と商品企画アイデアを募集します。

(2)小竹町では、地元農家で構成される農事組合法人南良津獅子クラブが生産している「南良津獅子米」があります。減化学肥料・減農薬でつくった安心・安全なお米です。主食用米としての利用のほかに、『味噌』としても加工されており、その『味噌』は長期熟成させることで甘味とコクがあります。 さらに、米粉用米も栽培し、製粉会社と契約をして『米粉』を精製しています。その『米粉』は、たいへんキメが細かくパウダー状です。 『味噌』と『米粉』はさまざまな加工品に用いることができることから、加工と商品企画アイデアを募集します。

(3)小竹町は南北に流れる一級河川「遠賀川」に沿って開けた町です。この遠賀川の河川敷は『小竹町遠賀川河川公園』として整備されています。広い駐車場もあり、イベントや展示、催し物など様々な活用が期待できます。この『小竹町遠賀川河川公園』を活用した企画アイデアを募集します。

(4)江戸時代、国内で唯一、外国との貿易がなされていたのが長崎で、江戸とその長崎を結んでいたのが『長崎街道』です。小竹町を通るこの道は、外国への交流ルートでもあり、また九州の諸大名の参勤交代ルートにも重要な役割を果たしました。吉田松陰、伊能忠敬、オランダ商館長、ケンペル、シーボルト、さらに象やキリン・らくだまでも通ったとされる記録があります。筑前六宿街道7番目の宿場「小休み処」があるこの『長崎街道』を活用した商品企画アイデアを募集します。

創業サポートについて

こんなサポートをします!

【小竹創業スクール】
小竹町は小竹町商工会と協力し、町内で創業を目指している方向けのセミナーを無料で行っています。
【小竹商工業者店舗等新築・増改築補助金】
小竹町で生産・販売を行っている、又は行おうとする中小企業者が、店舗・ 事務所・工場・倉庫を新築、改築した場合、その費用の一部を補助する制度があります。
  【小竹町中小企業等人材育成事業補助金】
中小企業者が、中小企業大学校直方校の実施する「経営や技術に関する研修等」を受講した場合、受講料の一部を補助する制度があります。 

こんな起業家コミュニティがあります!

小竹町での四季折々をお楽しみください。無病息災・家内安全を祈願する「小竹祇園山笠」、勇壮活発な舞いで五穀豊穣を願う「南良津獅子舞」、行燈のゆらめく灯りのなか、音楽と語りで町民の心を癒す「秋風と灯りの夕べ」、町民参加の「ふれあい運動会」「小竹町民まつり」、老若男女が寒空の中を駆け抜ける「小竹ふる里マラソン」など楽しい行事があります。
小竹町商工会では、起業までのアドバイスや相談を随時専門の相談員がお受けしています。 
小竹町の施策に関することは各課担当職員が丁寧にお答えいたします。 

鞍手郡小竹町 まちづくり政策課 商工観光係 山代係長からのメッセージ

「小さくても”キラリ”と光るまち こたけ」 
まちづくり政策課職員一同、ご連絡をお待ちしています。 
あなたの”キラリ”を教えてください。 

お問い合わせ先

小竹町まちづくり政策課
電話:09496-2-1214
メールアドレス:kikaku★town.kotake.lg.jp
※上記の「★」記号を「@」記号に置き換えて下さい。

市町村賞について

小竹町賞のテーマは
[1]「小竹町に観光客を呼び込むビジネスプラン」
[2]「小竹町の資源を活用したビジネスプラン」
といたします。

副賞

町広報誌にその内容を掲載させていただくともに、町が管理する小竹駅施設に、小竹町賞受賞者さまの企業広告を無償で出せるよう検討しています。

創業支援プログラム資料

鞍手郡小竹町の情報

小竹町

小竹で暮らそう〜移住定住サイト〜

ページトップ